サイトマップ
ホーム クリニックの紹介 診療内容 はーとだより お知らせ マップ
はーとだより
はーとだより

 はーとだより


<ごあいさつ>
 去る4月11日(土)、私の大学時代の友人二人を招いて当院の開院10周年記念講演会を開催し、当初の予想を大きく上回る160余名の方々にお越しいただきました。アンケート結果から、現在通院中以外の方も約3割おられ(図1)、お陰様で大変盛況な会になりました。講演会についても大半の方にご満足頂いたようであり(図2)、ホッとすると同時に、皆様並びに演者の先生、スタッフに改めて感謝いたします。
今回は臨時増刊号として、今回の講演内容のまとめ、およびいただいたアンケートからいくつか抜粋した皆様の声をお届けいたします。

<講演会まとめ>
講演I「脳卒中にならないために」
宇部興産中央病院脳外科部長 西崎隆文先生


(1) 脳卒中とは
・ 卒中とは卒然(突然)邪気や邪風に中(あた)るという意味で、卒中風の略とされており中気や中風ともよばれた
・ 年間50-60万人が発症し、12万人が亡くなる
(日本人の死因の第3位)
・ 寝たきり等、要介護者の原因の3割以上を占める
・脳卒中の分類(図3)
・ 近年は心原性脳塞栓が増加している
・ 心原性脳梗塞はおもに「心房細動」という不整脈が原因であり、大きな梗塞になり重大な合併症を起こすことが多い。長嶋茂雄さんや小渕元首相もこの病気で倒れられた

(2) 症状
・ 「FAST」を覚えよう!
Face:顔の麻痺…「イー」ができない
Arm:腕の麻痺…片腕に力が入らない
Speech:言葉の障害…呂律が回らない
Time:発症時刻…症状に気づいたら発症時刻を確認してすぐに119番を
・ その他に、物が二重に見える(複視)、経験したことのない激しい頭痛、立てない・歩けない、など
・ 一過性脳虚血発作(TIA)
症状が一時的(多くは1時間以内、数分間のこともあり)だが脳梗塞の前触れ発作として重要であり、放置すると脳梗塞を引き起こす可能性が高い

(3) 治療
・ 時間との戦い!
  4.5時間以内:t-PAという薬を点滴し、血栓を溶かして脳血流を再開させる
  8時間以内:血管内血栓回収治療
・ t-PAを使用すると使用しなかった時と比べて自立した生活を送れる患者さんが50%増加する。但し使用が遅れると出血などの合併症により症状が悪化する可能性がある

(4) 予防
・ 脳卒中の5大危険因子(+α)
(1) 高血圧
(2) 糖尿病
(3) 脂質異常症
(4) 不整脈(心房細動)
(5) 喫煙
(6) その他:男性、高齢者、肥満、過度の飲酒、運動不足