サイトマップ
ホーム クリニックの紹介 診療内容 はーとだより お知らせ マップ
はーとだより
はーとだより

 はーとだより



<ごあいさつ>
 当院は4月22日にお陰様で開院10周年を迎えることになりました。これもひとえに皆様方のご支援の賜物と心から感謝いたします。4月11日(土)には大学時代の友人を招いて記念講演会を開催いたします。10年という節目を機会に、クリニックの歴史を綴るという意味でもここまでの軌跡を振り返ってみたいと思います。個人的な感情、感想の羅列になり、お見苦しい個所もあるかもしれませんがご容赦ください。

(1)プロローグ
 本原稿を書くにあたって、改めて当院ホームページにある「当院の診療理念」を読んでみました。普段は何となく気恥ずかしい思いと、理念は変わっていないという自負からほとんど見ることはなく、久しぶりに目を通すことになりました。実はこの「診療理念」は、10年前の開院時からさらに数年遡った頃に、ある地域で再開発に伴いクリニックを募集しており、その書類選考の際に書いた原稿の内容が基本骨格になっています。結局この話は、相前後して当時勤務していた河内長野千代田の国立大阪南病院(現大阪南医療センター)の循環器科医長に就任したこともあり消滅しましたが、当時から開業を志向していたことを思い出しました。また医者としての基本的考えはその頃にはある程度固まっていたということになります。「当院の診療理念」には、「全人的医療」や「テーラーメード医療」という言葉が出てきます。また、病気ではないが健康ともいえない状態である「未病」の概念も織り込まれています。いずれの言葉も今でこそ浸透してきていますが、当時はおこがましくもこれらの言葉は私の造語だと思っていました。とくに「未病」は2000年前の後漢の医学書である「黄帝内経」に記載があるそうです。そのことを知ったのは13年前の大阪南病院在籍時に東京の北里大学東洋医学研究所が主宰する夏季東洋医学セミナーに夏休みを利用して参加したときでした。私の漢方勉強の基礎になったこのセミナーは、おもに学生や研修医を対象とし、漢方を中心に鍼灸など東洋医学について月曜から金曜まで1日中缶詰めで勉強するものです(土曜日は小石川植物園で漢方の生薬となる植物を勉強します)。当時卒業後17年目で受講資格からは外れていたのですが、どうしても漢方のまとまった勉強がしたいと思い研究所長に直接手紙を書いて参加を認めてもらいました。当時、大病院の専門医として循環器領域に特化した診療を行っていた一方で、「検査では異常がないけどしんどさが解消しない人にはどうすればいいのだろうか」「心臓は良くなったが足腰が悪いままでいいのだろうか」という思いが芽生えていました。

(2)開業への道
 勤務医時代は、循環器専門医としての誇りと循環器疾患における地域の「最後の砦」としての覚悟を持って、診療、研修医の教育および研究に日夜携わっていました。とくに研修医の教育については、「循環器医である前に内科医であれ(循環器以外の疾患について勉強もせずにすぐに他科に紹介するな)」「医者である前にまず常識ある社会人であれ」をモットーにしていました。なかでも挨拶を含む礼儀作法や躾にうるさく、今ならパワハラと言われかねないくらい厳しい場面もありましたが、根底には研修医への愛情と患者さんへの責任感がありました。何年も経ってから彼らが研修医時代の指導に対して感謝していると人づてに聞いたときは報われた思いがしました(教育については後ほど述べる将来展望ともかかわってきます)。
 医長に就任したのは当時の上司であった中真砂士先生(現田仲北野田病院名誉院長)が臨床研究部長に昇任されたため、当時の院長であり循環器科OBの木下直和先生と中先生に推挙していただいたようです。医長というポストに対する欲は全くなかったのですが、結果的には院内的にも対外的にも交流が広がり、一医者であるときよりも、直接間接を問わずより多くの患者さんのお役に立てたのではないかと思っています。しかし一方で、管理職の宿命として会議が増え、直接入院患者さんを受け持つことや研修医を指導する場面が減少し、臨床医としては満たされない部分も増えてきました。また、「心臓というパーツだけでなくトータルで元気になってもらいたい」という思いの解決策の一つとして漢方治療を考えましたが、病院で使える漢方は限られるため漢方診療の上達にも限界がありました。勿論、現在当院のリハビリで行っているような独自の手技を行える場面もありませんでした。以上のような様々なジレンマにより開業への思いは高まっていき、候補地を探すようになりました。
 しかしいざとなると中々思うような場所は見つからず、一箇所では契約寸前までいきましたが、ハンコを押す寸前で取りやめになったこともありました。そんなある休日に父親と二人で不動産屋さんを巡りますが収穫もなく、疲れて北野田近くの交差点まで差しかかったときでした。北野田から通院されている患者さんがおられたので地名は知っていましたが土地勘は全くありませんでした。「この辺りからも患者さんが来られている」という私の話を聞いた父が近くの不動産屋さんに飛び込み、「再開発事業が進行しているので再開発事務所に相談に行ってみたら」という情報を得てきました。2004年の春頃だったと思います。そこで開業の意思を伝え、選定してもらい、翌年の再開発ビル(=アミナス北野田)のオープン時期に合わせて開院するという運びになりました。あのときに北野田の交差点を黙って通り過ぎていたら現在ここにはいなかったかもしれません。また木下院長には大変お世話になり、いつも少しでも恩返しがしたいという思いで働いていましたが、開院と同じ年に定年退官されることが決まっていたことも後ろ髪をひかれずに開業できた理由です。
 開院1か月前まで病院勤務をしており、病院の仕事と準備を両立させることは本当に大変でした。内装業者に突然連絡がつかなくなるというトラブルにも見舞われ、内装工事が完成したのは開院当日の深夜という有様でした。このとき疲労の極限を救ってくれたのが現在当院のリハビリで使っているピットであり、自分の体験から採用しました。開院後にリクルートから開業希望の勤務医向けセミナーで講演を依頼された際、そのタイトルを「もう二度と開業準備なんかしたくない」としたくらい準備に追われていました。そんな中、ブルーシートと長椅子を軽トラックで運び、二日間にわたり長時間のスタッフ採用面接に付き合ってくれた後輩の松下英嗣先生には、その後も幾度となく力を貸していただきました。この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。