サイトマップ
ホーム クリニックの紹介 診療内容 はーとニュース お知らせ マップ

診療内容
診療内容

 漢方治療

 動悸、息切れなど心臓病を心配されて受診される患者さんの中には検査結果に異常がない方がおられます。心臓関係以外にも、神経性胃炎、慢性下痢、常習便秘、不安感、倦怠感、気力低下、めまい、冷え性、肩こり、顔のほてりなど体質を原因とする場合や、明らかに自律神経バランスの乱れやストレスが原因となっている場合は漢方治療を考慮します。また西洋医学でよくならないアトピー性皮膚炎、膠原病、アレルギー疾患や、痛み止めを長期に飲まなければならない関節痛、神経痛なども適応となります。
 漢方は長期に服用しないと効果が出ないと思っておられる方も多いと思います。もちろんそういう場合もありますが、効果がある場合は2週間程度で何らかの反応が見られることも少なくありません。また、意外かもしれませんがカゼも漢方の得意分野です。カゼは基本的にしっかり食べて休養をとることで自然に治ります。西洋医学では症状を無理やり押さえ込み、治り方がすっきりしないのに対し、漢方は治癒過程を短くすることにより自然に治ることができます。私は漢方が苦手な人以外はカゼの治療には基本的に漢方を使用しています。
 私が漢方治療を好む理由の第一は、ひとりひとりに応じて治療を行う点です。同じ症状であってもその人の性別、体格、体質、年齢などによって処方は全く異なり、ときには数種類の漢方薬を調合します。また同じカゼでもその病期(引き初めか、何日か経過しているか)によって変わります。近い将来遺伝子の違いによって個人ごとに治療法が変わるテーラーメード医療の時代が来ると思いますが、漢方はすでに実践しているといえます。第二に人間全体を見る点です。例えば頭痛、肩こり、不眠、便秘、冷え性という5つの症状がある場合、西洋薬では5種類の薬が対症療法として出されるかもしれません。一方、漢方診療においてそれらは実はひとつの根っこ(=体質)から発生していると診断できれば、漢方薬は1種類で済みます。また漢方では心と体の問題をお互いに関連付けて考えます。単に「それはストレスが原因です」で終わらせずに、そのことも含めて全体を診る漢方は人にやさしい治療だと感じています。
 漢方は実践で学ぶ部分が多い治療です。勤務医時代は使用できる漢方薬に制限がありましたが、現在はそういう制限もなく、漢方の引き出しを増やしつつ、使えば使うほどその奥深さを実感している日々です。

 
 

 リハビリ部門

 

 「なぜ内科のクリニックにリハビリ部門があるのか?」皆さんに聞かれる質問です。
答えはこれまで述べてきましたように、全人的医療を実践するための当院のキーワードである「総合力」を向上させるためです。すなわち、西洋医学と漢方の併用だけではまだまだ治療の引き出しが少ないと考えるからです。現代のストレス社会では自律神経のアンバランスやそれを原因とした血流障害や免疫力の低下が、心筋梗塞、脳卒中やガンを含む生活習慣病、脳卒中後遺症、パーキンソン病、うつ病、アトピー性皮膚炎や膠原病などの難病の発症に関与していると考えられています。

■リハビリ部門のテーマ
 (1)ストレスの緩和・解消によるリラクゼ−ション
 (2)自律神経バランスの調節
 (3)血流改善
 (4)自然治癒力の向上
などです。
 これらにより、肩こり・腰痛・膝痛・むくみ・冷え性などの改善はもとより、生活習慣病の改善・予防、難病の改善、さらにアンチエイジング(若返り効果)などを目標にしています。
  具体的には一般的治療機器(低周波治療、ホットパック、マイクロ波、牽引、ウォーターベッド)に加えて、カイロプラクティックの要素を取り入れたマッサージであるアクア、確実で安全なツボ刺激により血流改善と免疫力向上作用のあるピット、ピットと同様の作用に加えて疼痛軽減作用を有する人工太陽光線療法であるビオラ、身体深部の血流改善作用を有する交流磁気治療器を備えています。また、骨盤、股関節、腰椎などの矯正も行っています。それぞれの手技や治療機器は、(1)上記のテーマに沿っていること、(2)研究データおよび症例データが揃っていること、(3)安全であること、(4)実際に効果を体験していることなどを条件に選択しています。また現状に甘んじることなく、より良い引き出しを求めて研究を続けています。
すでに多くの方々から喜びの声をいただいています(リハビリ通信)。是非、実際に体験し効果を実感してみてください。

 
 

 その他

 

■今後の展望
 ますます高齢化社会が進む中で、最大のテーマは「いかに元気に過ごせるか」であり、そのためのキーワードは「未病」(=予防医学)であると考えています。現在当院における治療法を充実、進化させ、より積極的に未病に立ち向かうためには運動・食事療法が必要であると考えています。より大きな「総合力」を得るために、近い将来当院の診療システムと連動した運動療法施設の開設を検討中です。